What's New

永野寛子(vo) & 平岡遊一郎(g)

Live Time*1st 18:00 〜18:30 2nd 19:00〜19:30

MC*¥1,000+投げ銭

永野寛子(vo)

☞︎プロフィール

東京都出身。西迫毅氏との出会いにより、幼少より好きだった音楽の道に入る。

その後、ジャズに目覚め、ボーカルを沢田靖司氏、ボイストレーニングを岩崎廉氏、桜田ヒロキ氏、理論アドリブをKOTETSU氏、ジャズピアノを遠藤征志氏に師事。

2005年よりライブ活動を開始。2010年埼玉新都心ジャズボーカルコンテストで審査員奨励賞を受賞。2014年7月、ファーストアルバム『Something Blue』をリリース。2015年、遠藤征志、仁田真也と共に、東日本大震災支援プロジェクト『伝えていこう』プロジェクトを立ち上げ、震災支援活動をしている。


☞︎HP

https://hiroconaganoofficial.amebaownd.com/

☞︎YouTube

https://youtube.com/user/roccomainiti365

☞︎Instagram

https://instagram.com/hiroccoroco?igshid=dms5wtyo38fh

☞︎Twitter

https://mobile.twitter.com/hirocorocco


平岡遊一郎(g)

☞︎プロフィール

Guitarist,Arranger,Composer & Sound Producer

Jazz、ブラジル音楽、ポップス等様々なジャンルで活動中。 カリフォルニアにてセッションマンとして活動した後’02より東京に拠点を移す。 チャーリーパーカーやマイルスデイヴィスのピアニストだったWalter Bishop Jr.、ハワイの ウクレレの神様と称賛されている Harb Ohtaとの共演、ほか多数のコンサート、レコー ディングに参加。

現在までに

・Music Dialogue主催コンサートにて、ロスアンジェルス交響楽団 副指揮者1stヴィオラ 奏者 大山平一郎氏とデュオで共演

・東宝映画「星守る犬 (西田敏行主演)」劇中音楽ギター録音

・阿川佐和子原作 映画「スープオペラ(坂井真紀主演)」劇中音楽ギター録音 ・Wowwow日曜ドラマ「私という運命について(永作博美主演)」劇中音楽ギター録音 ・TV朝日 新春ドラマスペシャル「鹿鳴館(黒木瞳主演)」劇中音楽ギター録音 ・バリトン歌手 土屋宏次郎氏とのデュオにて雑誌ソトコト 「ロハスクラシック」に出演、掲載

・別役実「星の王子様」舞台音楽ギター演奏

・ ”嵐” 相葉雅紀 主演「グリーンフィンガーズ」舞台音楽ギター演奏 25公演に参加 ・日本舞踊家 花柳啄次郎氏との即興による舞台ギター演奏 ・ピンクレディ再結成ツアーにギター一本によるサポートで68公演に参加 国際フォーラムにて収録された最終公演DVDに参加 ・小野リサのサポートにてミュージックフェア出演 ・伊藤君子のサポートでTBSラジオ”安住紳一郎の日曜天国”にデュオで出演 ・葉加瀬太郎率いるハッツアンリミテッドより、大城蘭アルバム”LAN”をプロデュース 同作品がベストドレッサー賞音楽部門賞を受賞 大城蘭2nd,3rdアルバムをプロデュース ・大城蘭のサポートでNHK ”J-Melo”出演

・村上ゆき アルバム”Both Sides Now”、”While My Piano Gently Weeps”に参加 NHK ”セッション505”に出演、ブルネイ王国宮中演奏会にて演奏

・上田正樹 ビルボード ツアーに参加

・辛島美登里 ”ブルーノートツアー”に参加

・PUFFY コンピアルバム”PRX TURBO” 須永辰夫プロデュース「これが私の生きる道」 ギター録音

・世界ウルルン滞在記 特別編にてブラジルから来日した「Fat Family」コンサートの サポートミュージシャンとして参加

・荻野目洋子 アルバム「Voice Nova」2曲サウンドプロデュース

・美容家 IKKO 語りの背景音楽ギター演奏 ・国内屈指のメンバーで構成されるブラジル音楽ビッグバンド”Banda Mandacarinho”の ギタリストとして結成時より参加

TA高木(vo) & 梅原新(g)

Live Time*1st 18:00 〜18:30 2nd 19:00〜19:30

MC*¥1,000+投げ銭

TA高木(vo.b.p)

☞︎プロフィール

1962年に東京虎ノ門に生まれる。

慶應義塾普通部の吹奏楽部創立に際して、テナーサックス担当で初代メンバーとして参加。16歳より、渋谷ヤマハで故本田竹広氏にピアノを師事。その後、R&Bを中心に音楽活動を続けるが、2006年よりJAZZクラブでの演奏活動を開始。マスコミ系の会社に勤務するかたわら、2012年より2016年まで「慶應義塾メディアデザイン研究所」の研究員として「大学教育に実践的ジャズを導入する」という研究を行う。

2015年12月にファーストアルバム『HOMECOMING』、2018年1月にセカンドアルバム『Metrogenic』をリリース。ポップスやR&Bをジャズ的な解釈で演奏するスタイルは、成熟した大人のエンターテインメントとして高く評価されている。


☞︎HP

https://tatakagi.amebaownd.com/?fbclid=IwAR3VkrEN1QxVTXOrGlh2nyGJHXNTtsd3CdIefERunrHuuzC9zmXPrB5XjIk

☞︎YouTube

https://youtube.com/user/blandfordblvd

☞︎Instagram

https://instagram.com/morimasatakagi?igshid=15lodm9m5h4c0


梅原新(g)

☞︎プロフィール

作曲・編曲・ギター

広島県出身。

大学在学中はジャズ研に所属。

ギタリストとして様々なバンドに参加し、地元のジャズクラブ等に出演。

上京後はジャズセッションライヴ、シンガーのサポート、

ホテルやレストランでの演奏活動のほか、作・編曲家として

楽曲制作を行う。

2008年アオキマミ(vo)とのアコースティックユニットPinacoteca(ピナコティカ)を結成。

2009年12月、ハピネスレコードよりオリジナルアルバムを

リリースする。

2010年、作、編曲したCanonのラジオCM「恋の望遠レンズ」、「恋の広角レンズ」で2010 50th ACC CM Festival ラジオCM部門のベスト音楽賞を受賞。

清水敏郎(sax)、東条奈見子(dance)と共にユニットARKANAを結成し、オリジナルのサウンド&ダンスステージを展開している。


☞︎HP

https://www.aratata.com/?fbclid=IwAR0RhWQrUd5N59ZOcSRPXKpxUp60YGygI0kiYNv00OKwwBOHr3pEiftMVUY

☞︎YouTube

https ://youtube.com/channel/UCuNAfNg1QqTHcCnbk3AD2wQ


高木沙耶(ts) & 荻原亮(g)

Live Time*1st 18:00 〜18:30 2nd 19:00〜19:30

MC*¥1,000+投げ銭

高木沙耶(ts)

☞︎プロフィール

東京都大田区出身。10歳からサックスを始める。その後、14歳で冨岡和男氏にクラシックサックスを師事。

洗足学園音楽大学に入学し、2年までクラシックを冨岡和男氏と、貝沼拓実氏に師事し、3年でジャズコースに転科。

ジャズサックスを中村誠一氏に師事。

現在は都内を中心にライブ、サポート、レッスン、スタジオワークなど勢力的に活動をしている。

所属バンドはMAJO、SAX CATS,Preface,アルパカジャズオーケストラ、GG jazz quartet、HFGほか


☞︎HP

https://saya-takagi.jimdosite.com/

☞︎Instagram

https://instagram.com/takagi_saya_sax?igshid=hvrnwl3ansxb

☞︎Twitter

https://twitter.com/tkg38?s=21


荻原亮(g)

☞︎プロフィール

1976年8月2日生まれ 長野県出身

幼少の頃よりピアノ、小学生の時にはブラスバンドでクラリネットを演奏するなど、音楽が周りにある環境で育つ。

10歳の時にオーディオマニアである父親からアコースティックギターをプレゼントされ、耳コピーやアドリブ演奏などを始め学生時代はジャズ、ロック、ブルース、R&B、ハードロック、プログレ、ブラジリアン、ブラックコンテンポラリー、 フラメンコ、クラシック、民族音楽、アフリカン、レゲエ等様々な音楽に傾倒し研究する。

上京後、フリューゲルホーン&ヴォーカルのTOKUのバンドに5年間レギュラーギタリストを務める。

その他にも数々のアーティストのライヴやレコーディングに参加。

2007年にBROOKLYNでNYのミュージシャンと共に創られた自身初のCD<AFICA>をMOCLOUD RECORDSよりリリース。

2011年にスガシカオや水樹奈々のサポートベーシストで知られる坂本竜太と共にジャズファンクユニットDos Lunaを結成。

<Primero>と<Segundo>のCD2枚及び、横浜のライヴハウスKamomeで収録されたDVDがリリース。

CSのMusic Air ChannelのLive LabにてDos Lunaのライヴ、同じくCSのTVAsahi源流Jazz にてGrace Mahyaのライヴ NHKの東京Jazz Festivalにて日野皓正Super Bandの模様が放送される。

上記のDos Lunaの他にユキアリマサDuo.島田剛Quartet.井上功一Trio.Grace Mahya.村上Ponta秀一Session.大野えり.等で活動中(順不同)

これからどんな音楽を聞かせてくれるのか、とても楽しみになるようなアーティストである。


☞︎HP

http://www.ryoogihara.com/

☞︎Twitter

https://twitter.com/ryoogihara?s=21

白石さわ(vo) & 鈴木敏幸(g)

Live Time*1st 18:00 〜18:30 2nd 19:00〜19:30

MC*¥1,000+投げ銭

白石さわ(vo)

☞︎プロフィール

愛知県出身。幼少期よりピアノを16歳よりボイストレーニングを始める。ポップス、声楽を習い、ゴスペルチームに所属。その後ジャズに転向。2011年よりレストランやジャズクラブで演奏活動を始める。イギリスのジャズ「感銘を受け、2019年5月1日にロンドンレコーディングによるデビューアルバム「TEA FOR TWO」をリリース。この春に拠点を東京に移し、都内のジャズクラブを中心に活動中。


☞︎Blog

https://ameblo.jp/sawashiraishi/

☞︎YouTube

https://youtu.be/zPykNlRN5e8


鈴木敏幸(g)

☞︎プロフィール

1959年東京生まれ

尚美高等音楽学院(現、尚美学園短期大学)修了後、ジャズ

ギターを武蔵野音楽学院にて宮之上貴昭氏に師事。

数々のライブ活動を続ける中、ジャズドラマーのエルヴィン・

ジョーンズやジャズヴォーカルの中本マリ等とも共演する。

また一方で、ボニージャックスをはじめ数々のっ歌手のバック

バンド等を務める。

現在、横浜、東京等を中心に幅広く音楽活動をする中、自己の

グループにおいてライブハウス等で活躍中。


☞︎HP

https://nowonmusic.com/members/434

KaoRi iTo(vo) & 金子雄太(p)

Live Time*1st 18:00 〜18:30 2nd 19:00〜19:30

MC*¥1,000+投げ銭

KaoRi iTo(vo.p)

☞︎プロフィール 

東京生まれ、愛媛県松山育ち。

ジャズシンガーだった母とベーシストだった父の影響で、幼いころから演劇、合唱団、ミュージカル、吹奏楽などを経験し、上京後ジャズバーでのアルバイトをきっかけにジャズシンガーを志し、現在に至る。

2018年2月より本格的にライブ活動を開始し、都内、横浜、千葉、埼玉などのジャズクラブやライブハウスを中心に活動しており、2019年ライブ数は200本以上。


☞︎HP

https://kaoriito.jimdofree.com/

☞︎Blog

https://ameblo.jp/kaoriiito

☞︎Note

https://note.com/ka0riit0

☞︎YouTube

https://youtube.com/channel/UCNEwiAMMM4OuwT26AuBDwAw

☞︎Instagram

https://instagram.com/ka0ri.it0?utm_medium=copy_link

☞︎Twitter

https://twitter.com/kaoriito1021?s=21


金子雄太(p)

☞︎プロフィール 

オルガニスト、ピアニスト

東京都/神奈川県出身

学生時代より教会オルガニストを務める一方、ロック/フュージョンバンドでドラムやキーボードを担当し、20才で鍵盤奏者としてプロ入り。ジャズ/ブルーズ/ソウルミュージックなどを演奏するバンドに在籍し経験を積む。

1996年、渡米をきっかけにハモンドオルガン研究を本格的に始め、以後はジャズオルガン奏者としての活動が中心となる。同時期に立ち上げた自己のオルガンユニット"AQUAPIT(アクアピット)"の活動に軸足を置きつつ、アーティストサポートやプロデュース等も行う。

古来のパイプオルガンや生ピアノに加えHammond OrganやFender Rhodesなど、シンセサイザーに取って代わる一瞬前に一世を風靡した楽器陣を愛し、レコーディングやホールコンサート等では自前のハモンドB-3を一人で搬入設置する体育会系。

幼少期から染み込んだ教会音楽と、のちに憧れ学んだ黒人音楽を、日本人の感覚と視点を失わずに融合する演奏スタイルを目指している。


☞︎Twitter

https://twitter.com/aquapit?s=21

SYU-KO (vo)& 中村弘一(g)

Live Time*1st 18:00 〜18:30 2nd 19:00〜19:30

MC*¥1,000+投げ銭

SYU-KO(vo)

☞︎Blog

https://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/sweeet-antique-syu-ko/entry-12665471946.html


中村弘一

☞︎プロフィール

東京を中心に活動するギタリストですロックを中心に他ジャンル弾きます少しだけ歌も歌います 現在4-KICKS、Patience、M-Bandなどに参加銀座From north中心に色々なお店にも出演中 個人レッスンもしています 過去には和田光司、尾藤イサオ、JALへ楽曲提供など経験

☞︎Blog

https://ameblo.jp/yuna-ko/

☞︎Instagram

https://instagram.com/guitarist_ko?utm_medium=copy_link

☞︎Twitter

https://twitter.com/ko1107?s=1!1

はらまき(原田上総guitar& 奥平真希vocal)

Live Time*1st 18:00 〜18:30 2nd 19:00〜19:30

MC*¥1,000+投げ銭

奥平真希(vo.p)

☞︎プロフィール

クラシックのピアノを3歳からはじめて、大人になるまでずっと弾いています。

その割にあまり上達していませんが・・・。笑

大学でオペラを学んで、学内のコンクールで優勝したものの、卒業後

スランプで悩んでいました。でもオペラが好きで10年ほど歌っていました。

ある本番が終わった3日後、ベッドから起き上がれず・・・

がんばりすぎて(?)なのか、あばらにヒビが入っていました・・・笑

その後1ヶ月は歌わずにふらふらしていたのですが

でもそのおかげでジャズピアニストと知り合うことができて、今までは何となく聴いていたジャズを意識的に聴くようになりました。

ジャズバーに行って、おもしろさに気がつきそこからどんどんジャズの魅力にはまって、今のわたしになっています。

畑仕事もすきなのでがんばっています。

なので東京と山梨を毎週往復しています。

あまちゃんですが、3年間毎週往復しているので結構根性あるのかもしれません笑

今までの人生でたくさんの人に迷惑をかけてきましたが

(これからもたくさん迷惑かけてしまいそうですが笑)

でも自分なりにがんばって音楽で恩返ししていきたいと思っています。


☞︎HP

https://www.makiokudaira.com/

☞︎Blog

http://makiokudaira.livedoor.blog/

☞︎Shop

https://makiokudaira.thebase.in/

☞︎YouTube

https://youtube.com/channel/UCQht16uhDCdCw3FVMC_IGGg

☞︎Instagram

https://www.instagram.com/makiokudaira/

☞︎Twitter

https://twitter.com/makiokudaira?s=21


原田上総(g)

☞︎プロフィール

Rock、Bluesなどのバンドやセッションに参加後、上京しJazzのフィールドで活動を開始。

これまでにギタリスト、まつだゆうき氏、井上博氏、橋本信二氏、等に師事。

現在Jazz,Bluesを軸に自身のグループやソロ、他ミュージシャンのサポートでのライブハウス、バーなどへの出演、レコーディングへの参加、インストラクターとして後進の指導と精力的に活動中。

2017年、2019年ギブソンジャズギターコンテストファイナリスト。2020年ソロギターアルバムStars fell on my guitarを自主制作でリリース。


☞︎HP

https://kazusaharada1016.wixsite.com/https://twitter.com/makiokudaira?s=21

☞︎Instagram

https://instagram.com/kazusaguitar?igshid=180xahw937oic

☞︎Twitter

https://twitter.com/kazusaharada?s=21

Ayuko(vo) & 松原慶史(g)

Live Time*1st 18:00 〜18:30 2nd 19:00〜19:30

MC*¥1,000+投げ銭

Ayuko(vo)

☞︎プロフィール 

5歳の時、初めて見たマイケルジャクソンの公演で感銘を受け、音楽に興味をもち、中学卒業後単身留学。カナダでジャズピアニストPeter Taylorのグループに参加し、ホールコンサート、教会、クラブなどでヴォーカル活動を行う。その体験からソウルフルな唱法を身につけ、それが現在につながっている。 

帰国後、幼少から入門していた和太鼓軍団『武蔵流龍神太鼓』の推薦を経て、埼玉県公認指導員の資格取得。和太鼓奏者として長野オリンピック、埼玉ワールドカップ、ニューヨーク同時多発テロ・ チャリティーコンサート・イン・セントラルパークなどに参加。

2006年、金丸俊史率いるwings international corporation後援により都内各所ライブハウスで本格的に活動開始

 2007年、都築学率いるブラジルバンド『Conexao Rio』のメインボーカルに抜擢。

2010年に学習院大学を卒業、翌2011年、NO!ジャンルVocal Pop Unit『Little party』を結成。カバー曲やオリジナル曲など、ジャンルに囚われないバンドとして活動を展開。

2015年、1stアルバム「Can we do it?」≪メンバー:浅川太平(p.arrange)工藤精(wb.eb)古木佳祐(wb.arrange)加納樹麻(ds)guest:大儀見元(per)岡部洋一(per)≫をaudio fab recordsよりリリース。CDはjazz japan,latina,ジャズ批評等多くのメディアで独自の世界観を持つアーティストとして取り上げられる。

 2017年、クルトワイル集となる2ndアルバム「Naked circus」《メンバー:浅川太平(p.celesta)竹内直(ts)ゲスト:齋藤徹(wb)》を再びaudio fab recordsよりリリース。

現在、日本語の歌曲をジャズにアレンジした”Jazzpanese"、絵画のようにサウンドを構築する”Drawsongs”など、さまざまなユニットを意欲的に立ち上げている。

和のリズムと洋のリズムを兼ね備えた異色のボーカリストとして全国を回り精力的に活動中。


☞︎HP

https://ayukojazz.wixsite.com/ayuko

☞︎YouTube

https://youtube.com/channel/UCx57p3rJ_nNtlFB1tgaTmiQ

☞︎Instagram

https://instagram.com/murakamiayuko?utm_medium=copy_link


松原慶史(g)

☞︎プロフィール

愛称「よっしー」「まっちゃん」

ギタリスト。1985年生まれ。静岡県三島市出身。

3歳  鈴木メソードでバイオリンを習い始める。

5歳  日本武道館でバイオリンを弾く(笑)

9歳  バイオリンやめる。

12歳 初めてのアコギを買う。Fコードで挫折。

14歳 地域振興券で初めてのエレキギターを買う。Fコードが弾けるようになる。

17歳 オーストラリアへ1年留学。(この時はギター弾いてない)

18歳 高3の夏、新堀ギターで初めてギターのレッスンを受ける。

19歳 ノースアラバマ州立大学へ入学(初めてギャラを貰って演奏する)

20歳 ノーステキサス州立大学へ転学(学費が一番安いジャズの名門だったので)

日本大学付属三島高校を卒業後、渡米。2006年よりノーステキサス州立大学でジャズギターを専攻。

奨学金を得ながら優秀な成績で中退(笑)在学中、テキサス州ダラスを中心に演奏活動を展開。

アメリカ各地のジャズクラブ、フェスティバルに出演。

Taylor Eigsti, Ambrose Akinmusire, Jason Thomas(R.H Factor, Snarky Puppy)らと共演

Fred Hamilton, Jonathan Kreisberg, Gilad Hekselman, Lage Lund, Miles Okazaki, Ambrose Akinmusire, 布川俊樹に師事。

2011年に帰国。現在はオリジナル曲を演奏するクインテット、スタンダードを中心に取り上げる松原慶史Standard Trioを中心に、

サイドマンとしては森紀明ラージアンサンブル、佐藤恭子リトルオーケストラ、古木佳佑カルテット、寺井雄一グループ、

高橋ゲタ夫 Crystana`s Voyage、橋爪亮督TRIO STANDARD SIDE、西川彩織グループ、などに参加している。

ボーカルやピアノとのDUOでの演奏も多い。エレキギターをメインにナイロン弦ギターも演奏する。

ボーカルとのDUOでは口笛でのソロも披露することもあるが、なぜかギターよりも口笛を褒められることの方が多い(笑)

2016年8月Jazz Life×G`club Tokyo presents Jazz Guitar Contest supported by Gibson(ギブソンジャズギターコンテスト) にて最優秀賞を受賞。

2016年9月 横浜のジャズコンテスト「ちぐさ賞」決勝戦に和田明(Vo) のサポートとしてDUOで出演。見事ちぐさ賞受賞!!、、、をサポートしただけ。

2016年9月 「Kigoshi Custom Guitars」とエンドースメント契約を結ぶ。(テレキャスターシンライン)

2016年11月 全曲完全ソロギターでの映像作品「松原慶史 solo guitar on P.D and more」をUSB動画アルバムという新たな形でVirtuosoレーベルからリリース。

2017年2月 「Ryosuke Kobayashi Guitars」とエンドースメント契約を結ぶ。(ナイロン弦ギター)

2018年10月 1stアルバム「Angel`s Share」をリリース(Elec Record)

2019年10月 荻原亮(g)との全編アコースティックギターDUOによるスタンダード曲集

【ACCOUSTIC SESSIONS ~ Players and Luthiers~】をリリース(Knot Record)


☞︎HP

https://yoshifumimatsubara.com/

☞︎YouTube

https://youtube.com/channel/UCaXlYunykydoBbO4L2T6XgQ

☞︎Instagram

https://instagram.com/yoshi_matsubara?utm_medium=copy_link

☞︎Twitter

https://mobile.twitter.com/Yoshi_the_GT


吉本ひとみ(vo) & 須古典明(g)

Live Time 1st 17:30〜18:00 2nd 18:30〜19:00

MC*¥1,000+投げ銭

吉本ひとみ(vo)

☞︎プロフィール

奈良県出身、6月8日生まれ、O型。Jazz や Bossa nova を中心として World Pops も歌う。5歳よりピアノ基礎を学び始める。

1989年

バラや小菊の名産地 奈良県平群町ミスフラワーに選ばれる

1990年

三重県ミス赤目四十八滝クイーンに選ばれる。学生の頃から学園祭やAMUホール・ミューズホール等、関西のライブハウスで活動を始め、ヤマハミュージックスクールで 学び Japan Pops を歌う。

1996年

活動の拠点を福岡に移し、Jazz Feeling に魅了され Jazz Music を研究し、福岡ワールドミュージックにて英語圏音楽・Jazz 理論を学び始める。

1998年

福岡ニューコンボでの初ライブより Jazz Music シーンに登場。立花洋一Pianoトリオ、植原健司Pianoトリオでライブ活動他、イベント、ラジオ、ディナーショーでコーラス等も除々に務める。活動の拠点を東京に移す。

2000年

東京・横浜にて Piano Bar や Hotel Bar、Live House、Night Club、イベント、観光船クルージング演奏等に出演し Jazz・Bossa nova からワールドポップスまで幅広く歌い活動を始める。Live House では東京・銀座シグナス、赤いからす、東京倶楽部、横浜ではよいどれ伯爵、Dolphy など。

2003年

関西での故郷初ライブを盛況に果たし、大阪、福岡、広島等、全国規模で活動。編成は Piano Duo から Big Band までこなし Clear で Elegant Voice と評され 徐々に根強いファンを獲得。

2004年

横浜から生まれた日本の名曲を現代風にアレンジしたオムニバスCD(横浜生演奏店マップ付き)に参加。“Marmaid Divas from Yokohama” 全国キングレコードより発売。

2006年

日本のジャズボーカル・ヨーコサイクスのそのエモーショナルな表現力とネイティブな英語力に引き付けられ、その後 師事し Jazz の神髄を追求する。

2009年

Swing Jazz だけでなく Latin やオリジナル曲も取り入れた 初の 1st Album “The Good Life” を発売。

2010年

第10回 Jazz Day・日比谷公会堂フェスティバルにて「殊勲賞」を受賞。

2013年

近畿日本鉄道 観光列車「しまかぜのすべて」のDVDに出演。

2014年

繻子のように紡ぎ合う弦楽器との共演で 2nd Album “My Romance” を発売。

2016年

何故このように日本でも Jazz Music が楽しまれているのか? 次の世代やより幅広い方々に “Jazzの歴史講座”で伝える活動を始める。

2018年

変化の目まぐるしい世の中になり“癒し”や“リラックス”への追及から 植物の香りアロマオイルを用いて、音楽を五感で感じるアロマジャズを始める。


☞︎HP

https://www.hitomi-yoshimoto.com/

☞︎Blog

https://ameblo.jp/hitomi-yoshimoto0608/


須古典明(g)

☞︎プロフィール

1956年1月生 佐賀県出身高校の頃よりギターを始める。福岡大学中退後、福岡スコッチバンクでプロデビュー。25才で上京、主に六本木のパブレストラン等でDUOにて活動。中山英二クインテッドで1年間活動後フリーとなる。都内ライブハウス、ホテル、レストラン等に於てSOLO、DUO、TRIO、QUARTET等、様々なフォーマットで活動すると同時に映画音楽のレコーディングやネッスルジャパンのコマーシャル用CDのレコーディングにも参加する。2000年には自己のオリジナル曲ばかりを集めたリーダーアルバムも発売。エレクトリックギター、アコーステックギター共に弾きこなし、ブルース、ジャズ、ボサノバを得意とする。最近では、自己のオリジナルやビートルズナンバー、日本の童謡等を自己のアレンジにて、演奏する機会も多い。ハートフルで透明感のあるサウンドを目指している。

☞︎Blog

https://sukoguitar.exblog.jp/

Sio’n (vo) & 鈴木直人(g)

Live Time*1st 18:00 〜18:30 2nd 19:00〜19:30

MC*¥1,000+投げ銭

sio'n

☞︎プロフィール

神奈川生まれ、福島育ち。

幼少期よりクラシックピアノを習い、音楽に親しんできたが、密かに人前で歌うことを夢見る。大学在学中には、バンドのボーカルとしてロックやポップス、R&B等、様々なジャンルの楽曲をカバー。紆余曲折ありながらも、音楽の強い魅力に心奪われ、2019年よりシンガーとしての音楽活動を開始。現在は、東京や横浜でのイベントやバーでの演奏を行いつつ、楽曲制作に挑戦中。

☞︎HP

https://www.nsrecordsjapan.com/

☞︎YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=uaI6amXShnE

☞︎Instagram

https://www.instagram.com/humhum_sion/

☞︎Twitter

https://mobile.twitter.com/humhum_sion


鈴木直人(g)

☞︎プロフィール

1976年生まれ。

4歳からクラシックピアノ

6歳からヴァイオリン

12歳からドラム

13歳よりギターを始める。

15歳より鈴木よしひさ氏に師事。

2004年 Gibson Jazz Guitar Contest優勝。

2010年 Jazz Session on You Tube 2009-10にて最優秀ギタリスト賞受賞。

ジャズ情報サイトJazz Pageの人気投票ギター部門で2012年第一位、2013年第二位。

2014年 Diners Club Social Jazz Session 2013-14にて優秀者に選ばれブルーノート東京でリーリトナー氏と共演。

リーリトナー氏の選考により最優秀者賞受賞。

同年Lee Ritenour's Six String Theory World Competiton のJazz/Fusion Guitarist部門にて世界第4位獲得。

徳田雄一郎RALYZZ DIGのギタリストとして全国や海外のジャズフェスティバルに多数出演。

これまでにマレーシア、中国、カナダ、インド、韓国で演奏。

田中公平氏、岩男潤子等のサポートでフランス、イタリア、香港、台湾で演奏。

2016年8月伊藤大輔vo 永田ジョージpfとのユニット

トリプルスタンダードでスイスオーベルニールジャズフェスティバルに出演。

「SOFFet」「mihimaru GT」「HALCALI」「高杉さと美」「超新星」「「カノン」「jamosa」「May-J」「ベッキー♪♯」「タッキー&翼」「BENI」「YA-KYIM」「石井竜也」「アルスマグナ」「由紀さおり」「中川翔子」「加山雄三」「藤澤ノリマサ」「綾戸智恵」等のシンガーのレコーディングやライブサポートに参加。

☞︎HP

http://ameblo.jp/naotothebomb/

☞︎YouTube

https://youtube.com/user/naotothebomb

☞︎Instagram

https://instagram.com/naoto_guitar?igshid=1gbyj3jsbh3xr

☞︎Twitter

https://twitter.com/naotoguitar76?s=21

小山郁美(vo) & 原とも(g)

Live Time*1st 18:00 〜18:30 2nd 19:00〜19:30

MC*¥1,000+投げ銭


小山郁美(vo.p)

☞︎プロフィール

ジャズピアニスト、歌手、パフォーマンスワーカー。横浜で生まれ、母 国語の日本語に加えて英語、中国語を修得。2歳からクラッシックピア ノを習い始め、14歳で初めてロサンゼルスに語学留学。 高校は地元横浜の国際科に進み、在学中姉妹校であったオーストラリア (メルボルン)のキャンバウェル高校へ交換留学をする。

大学は尚美学園大学芸術情報学部音楽表現学科ジャズピアノコースへ進 学。在学時、大学と提携していたニューヨーク州立大学へ交換留学し、 ジャズピアノに一層打ち込む。ビバップの伝道師バリーハリス氏から教 えを受け、選択授業ではジャズボーカルを専攻。ニューヨークでの留学 期間中は、積極的にジャムセッションへ足を運び、本場のジャズを体 感。大学卒業後は横浜市内のジャズラウンジで演奏活動を始め、その後 オーストラリアへ戻り、音楽活動や音楽教育を続ける。機会があり、北 京での出演も果たす。

2013年から台湾へ移り、台湾国立師範大学で中国語(北京語)を学 ぶ。中国語修得後、音楽活動を広め始め、毎晩様々なステージで出演す る。

Brown Sugar(Live Restaurant), Marsalis Home Taipei,

Marsalis Kaoshiong, Sappho Jazz Live, Art Reading Cafe, philharmonic Radio Taipei, Russiya cafe, MAJI Square,

Taipei English Radio, Breez信義百貨店、台北ジャズフェスティ

バル、台中ジャズフェスティバルなど、ミュージックキャリアを発展さ せていく。 国立台湾大学のビックバンドでピアニスト、歌手として参加し、台湾師 範大学ではジャズサークルの講師も務める。 2016年台北ジャズフェスティバルでは、中山堂大ホールでパナマ代 表のジャズミュージシャンたちと共演。

2019年7月からマカオギャラクシーからオファーを受け、アジアに一つしかない Macallan Wyskey Lounge にて演奏契約を交わす。

日本に帰国してからは、横浜を中心に都内などにも演奏活動を広げている。 出演場所(横浜関内Speak Low, 酔いどれ伯爵、Jazz Cafe Gig)

(東京六本木 Club All Of Me, Piano bar IZUMI, My Scotch, Blue flam, 金花楼)

2020年から渡英し、演奏活動をヨーロッパにも広げる。ロンドンにて自身初のアルバ ム”The Things In The Past”を現地の会社からリリース。世界に発信されている。


☞︎YouTube

https://youtube.com/channel/UCflU8S4Up9wtggWJdH6HtoQ

☞︎Instagram

https://instagram.com/ikumi_koyama?utm_medium=copy_link


原とも也(g)

☞︎プロフィール

1958年 横浜に生まれる。

父親は、ビッグ バンド、“シャープス & フラッツ”のリーダー 原 信夫氏。

中学時代にサンタナを聴きロックギターを始め、同時にクラシックギターの勉強もはじめる。

高校在学中より、中牟礼貞則、潮崎郁男の両氏に師事、ジャズギターを学ぶ。

高校卒業後、アメリカに渡り、ニューヨーク大学教育学部音楽科で学ぶ。

1980年、カナダ オンタリオ州立ハンバーカレッジ音楽科に入学し、ジャズ理論及び実技を学ぶ。在学中にギター部門でベストスチューデント賞を受賞し、1983年卒業。

同年夏、カナダ バンフの“The Banff Centre for the Arts”にてベーシストのデイヴ ホランドを中心としたジャズワークショップに参加し、ジョン アバークロンビー、デイヴ リーブマン、ケニー ウィーラー、ドン トンプソン など、世界一流のジャズミュージシャン達に師事する。

帰国後の1984年、“原 信夫とシャープス & フラッツ”に所属し、9年間にわたりビッグバンドでの経験を積む。

在団中に共演したプレイヤー、歌手の数は、枚挙にいとまないほどである。ナンシー ウィルソン、ペギー リー、ジュリー アンドリュース、ビリ? エクスタイン、ベニー ゴルソン、リー コニッツ、ロン カーター、エルヴィン ジョーンズ、アート ブレイキー などなどその他多数である。 

1993年よりフリーとなり、自己のグループでの演奏、作曲活動。 

ミュージカル“City of Angels”、“Miss Saigon”、“Les Miserables”、“Lion King”、 その他いくつかのミュージカルにも参加。

セント メリーズ インターナショナルスクール、ベースメント音学院、 FREAK音楽塾、横浜コンテンポラリー音楽院を経て、現在、自宅スタジオ、青山カワイミュージックスクールなどで講師として後進の指導を行っている。  

【NHK FM放送出演履歴】

“セッション’85” 4/27 笈田 敏夫グループ

“セッション’85” 11/2 塚原 知哉トリオ (以前は本名のこの名前を使っていた)

“セッション’86” 1/11 ギタリスト特集

“セッション’87”     新人特集

“セッション’93” 6/27 塚原 知哉トリオ

“セッション’95” 3/11 原 とも也グループ    

1993年8月、“ジュリー アンドリュース、アンドレ プレヴィン ミーツ NHK交響楽団”に参加出演。   

1999年、CD, “ インティメイションス /Bob Kenmotsu+Hara Tomoya Duo featuring Babatunde ”  を日米両国にてリリース。

2001年7月、第8回‘Hawaii  International Jazz Festival’ に「The [mi:na] trio」のメンバーとして出 演。

2004年、 ギター/ベースデュオCD, 「WINDOW/Tomoya Hara and Mark Tourian」をリリース。 

2006年、9月「Window Trio Tour 2006」千葉、横浜、京都、金沢、加賀市、富山、上越市、みずき野、新発田市、新潟市、青森、秋田、盛岡、仙台、福島、水戸の16ケ所にて演奏活動。

【その他の参加レコード・CD】

“笈田 敏夫/Forever ”、“ 原 信夫とシャープス&フラッツ/ Willow Crest ”、“ Big Band Big Boss  Vol. 1,2,3 ”、 “ Red Roses for Blue Lady ”、他