What's New

田辺充邦 Solo Guitar

Live Time*1st 18:30〜19:00 2nd 19:15〜19:45

MC*¥1,000+投げ銭

田辺充邦(g)

☞︎プロフィール

10歳からギターを始め、高校時代からジャズに傾倒しジャズギターを宮之上貴昭氏に師事。

1985年からプロとしての活動を開始し、1988年に渡米。ニューヨークを中心に多数のミュージシャンとセッションを重ねる。

1999年、岸ミツアキ・トリオで、カリフォルニア州・コンコードジャズフェスティバルに出演。 カウントベイシーオーケストラ、ローズマリークルーニー、マンハッタントランスファーなどと同じステージに立つ。

阿川泰子/八代亜紀、森口博子、岸ミツアキ/LOVE NOTES等、ライブやCD・DVDなどのレコーディングセッションにも数多く参加。

LOVE NOTESではTV番組のアレンジやCMソングの提供、CMにも出演。

PPMのPaul StookeyとLAでレコーディング。

テナーサックスのスコットハミルトン、ハリーアレンやピアニストのノーマンシモンズ,のツアーに参加。スコットハミルトン、ピアニストのジョンバンチとのレコーディングにも参加。

八代亜紀のジャズアルバム、夜のアルバム、夜のつづきの二枚でギターを担当。

最近では香港のアーティストVincy ChanやKwangorのレコーディングに参加。

また教則本の出版や音楽雑誌の試奏レポート等、他分野で活躍。

ビンテージギターのコレクターとしても有名。

最近ではSignature Model Yamaoka guitar MT17を使用。 

2004年リーダーアルバム、Bernie's Tuneをスキップレコード より発売。

チェロとギターのユニット田辺商店でBossa Cradle,Get on a swingを発売。

ウェス・モンゴメリー、バーニー・ケッセル、フレディ・グリーン、などを敬愛し、ソロギターからビッグバンドのアンサンブルに至るまで、幅広いスタイル をこなすプレイヤーとして定評がある。

山野友佳子 Solo Piano

Live Time*19:00〜19:50

MC*¥1,000+投げ銭

山野友佳子(p)

☞︎プロフィール

1988年3月11日生まれ。

3歳からヤマハ音楽教室でピアノを習い始める。

東京音楽大学付属高等学校〜同大学へ進学し本格的に音楽を学び始める。

18歳からジャズを習い、演奏活動を開始。その後、自身のオリジナル楽曲の演奏活動も開始。

ジャズピアノを清水絵理子氏に、クラシックを小高明子氏、稲田潤子氏に師事。また、学内にてペーテル・ヤブロンスキー氏の公開レッスンを受講。

2015年6月にオリジナル曲を収録した2ndアルバム、『2nd Stage』納 浩一(b)藤井 学(ds)をリリース。

2015年9月~2016年4月『読売プレミアム』よりコラム連載中。

現在多くのライブハウスやフェスティバルに出演、台湾・香港・フランス・スペイン・イギリス・アメリカでの海外公演や海外のアーティストと共演するなど、幅広い地域とジャンルで活動を展開している。

その他、KORG Cafe Style認定講師、リー・エバンス協会研究員。

ちゅうまけいこ & 平岡遊一郎

Live Time*1st 17:00〜17:40 2nd19:00〜19:40

MC*¥1,000+投げ銭

ちゅうまけいこ(vo)

☞︎プロフィール

JAZZに興味を持ち

OLからポーカリストに転身。

2011年 ジャズ、ポップス、邦楽を織り交ぜたCDを2011年リリース。

ライブにおいても様々なジャンルの名曲を取り入れ都内中心に活動中。

☞︎Blog

http://blog.livedoor.jp/heart_horse_club/


平岡遊一郎(g)

☞︎プロフィール

Guitarist,Arranger,Composer & Sound Producer

Jazz、ブラジル音楽、ポップス等様々なジャンルで活動中。 カリフォルニアにてセッションマンとして活動した後’02より東京に拠点を移す。 チャーリーパーカーやマイルスデイヴィスのピアニストだったWalter Bishop Jr.、ハワイの ウクレレの神様と称賛されている Harb Ohtaとの共演、ほか多数のコンサート、レコー ディングに参加。

現在までに

・Music Dialogue主催コンサートにて、ロスアンジェルス交響楽団 副指揮者1stヴィオラ 奏者 大山平一郎氏とデュオで共演

・東宝映画「星守る犬 (西田敏行主演)」劇中音楽ギター録音

・阿川佐和子原作 映画「スープオペラ(坂井真紀主演)」劇中音楽ギター録音 ・Wowwow日曜ドラマ「私という運命について(永作博美主演)」劇中音楽ギター録音 ・TV朝日 新春ドラマスペシャル「鹿鳴館(黒木瞳主演)」劇中音楽ギター録音 ・バリトン歌手 土屋宏次郎氏とのデュオにて雑誌ソトコト 「ロハスクラシック」に出演、掲載

・別役実「星の王子様」舞台音楽ギター演奏

・ ”嵐” 相葉雅紀 主演「グリーンフィンガーズ」舞台音楽ギター演奏 25公演に参加 ・日本舞踊家 花柳啄次郎氏との即興による舞台ギター演奏 ・ピンクレディ再結成ツアーにギター一本によるサポートで68公演に参加 国際フォーラムにて収録された最終公演DVDに参加 ・小野リサのサポートにてミュージックフェア出演 ・伊藤君子のサポートでTBSラジオ”安住紳一郎の日曜天国”にデュオで出演 ・葉加瀬太郎率いるハッツアンリミテッドより、大城蘭アルバム”LAN”をプロデュース 同作品がベストドレッサー賞音楽部門賞を受賞 大城蘭2nd,3rdアルバムをプロデュース ・大城蘭のサポートでNHK ”J-Melo”出演

・村上ゆき アルバム”Both Sides Now”、”While My Piano Gently Weeps”に参加 NHK ”セッション505”に出演、ブルネイ王国宮中演奏会にて演奏

・上田正樹 ビルボード ツアーに参加

・辛島美登里 ”ブルーノートツアー”に参加

・PUFFY コンピアルバム”PRX TURBO” 須永辰夫プロデュース「これが私の生きる道」 ギター録音

・世界ウルルン滞在記 特別編にてブラジルから来日した「Fat Family」コンサートの サポートミュージシャンとして参加

・荻野目洋子 アルバム「Voice Nova」2曲サウンドプロデュース

・美容家 IKKO 語りの背景音楽ギター演奏 ・国内屈指のメンバーで構成されるブラジル音楽ビッグバンド”Banda Mandacarinho”の ギタリストとして結成時より参加

正木まどか & 鈴木敏幸

Live Time*1st 17:00〜17:40 2nd19:00〜19:40

MC*¥1,000+投げ銭

正木まどか(vo)

☞︎プロフィール

東京都板橋区生まれ。ジャズの世界に魅了されるようになり、ジャズ界の大御所、故・山川浩一氏の門を叩く。その後、都内の各ジャズスポットに出演。そのたおやかな容姿と確かな歌唱で注目を集める。2008赤煉瓦サマージャズin舞鶴、2010年、千葉ジャズストリート、ドイツ・デュッセルドルフ「Japan Day」2011年、横浜ジャズプロムナードなど、多くのジャズフェスティバルに出演。2009年には満を持しての1stアルバム『Girl Meets Boys』をリリース。共演は人気絶頂の松尾明氏(Ds)率いるTake10オーケストラ。そのサウンド・歌唱は『Swing Journal』『ジャズ批評』各誌で賞賛された。2018年、2ndアルバム『Too Late Now』をリリース。『Jazz JAPAN』『ジャズ批評』などに掲載。都内ジャズスポットにて精力的に活動中である。


☞︎HP

http://www.madocamasaki.com/

☞︎ Blog

https://ameblo.jp/madocamasaki/


鈴木敏幸(g)

☞︎プロフィール

1959年東京生まれ

尚美高等音楽学院(現、尚美学園短期大学)修了後、ジャズ

ギターを武蔵野音楽学院にて宮之上貴昭氏に師事。

数々のライブ活動を続ける中、ジャズドラマーのエルヴィン・

ジョーンズやジャズヴォーカルの中本マリ等とも共演する。

また一方で、ボニージャックスをはじめ数々のっ歌手のバック

バンド等を務める。

現在、横浜、東京等を中心に幅広く音楽活動をする中、自己の

グループにおいてライブハウス等で活躍中。

松方正彦 & 進藤洋樹

Live Time*19:00〜19:50

MC*¥1,000+投げ銭

松方正彦(vo)

☞︎プロフィール

大学在学中にR&B、サイケデリックロックなどのバンドのボーカルを務める。卒業後20年を経て演奏活動を再開し、親交の深いラテンジャズピアニストの平田文一氏に勧められてジャズを歌い始める。現在は、都内のジャズ系のライブハウスを中心にボーカルとして活動中。



進藤洋樹(g)

☞︎プロフィール

神奈川県横浜市生まれのギタープレーヤー。

高校の頃より音楽に興味をもち始め、アコースティックギターを独学で勉強し、

ソロでもバンドでも活動を始める。

その後、本格的にギターのレッスンを受け始め、そこでジャズギターの音色に惹かれ、

ジャズの道を歩き始める。高校卒業後、国立音楽院に入学し音楽の理論、作曲の理論、

ギターの奏法を習得する。

在学中にも外で音楽の仕事やセッションを重ね、多数のミュージシャンと共演し、経験を積む。

様々な状況でのセッションを経験し、オールジャンルのギタープレーヤーとして、レコーディングやライブの活動していると同時に、次世代のミュージシャンを育てる為、教鞭を振るう。

岩谷耕資郎氏に師事。


関根彰良 & REIKO

Live Time*19:00〜19:50

MC*¥1,000+投げ銭

RElKO(vin)

☞︎プロフィール

大阪出身。

相愛大学音楽学部卒業。

ワルシャワショパン音楽院取得。

祖母はピアノ、母はチェロを嗜む音楽一家で育つ。

3歳よりピアノ、4歳よりヴァイオリンを始める。

寺井尚子氏のアルバム「ピュア モーメント」収録曲

チックコリア作曲

スペインに感銘を受けてジャズに目覚める。

ジャズ理論、作曲、ジャズピアノ

宮下 博行氏に師事。

後に、国内外の有名アーティストと共演。

スタジオや TV 出演、パーティー演奏、学校公演

ボランティア演奏等、優雅で気品溢れながらも

情熱的なパフォーマンスで好評を博している。

クラシックに源流を持ち、ジャズ、ラテン、ポップスなど

様々なジャンルのエッセンスを吸収し、ジャンルの壁を超えた

ボーダーレスなアーティスト。

音楽教室講師としても後進の指導に精力的に活躍中。

2013年

 1st アルバム「EARNEST」リリース

2014年

 REIKO with Big tree

 金沢Jazz コンペティション「グランプリ受賞」

2015年

 2nd アルバム「Vestido rojo」リリース

2017年

 女性17名のジャズユニット“Jazz Lady Project”参加

 ~ シネマに恋して ~「Cinema Loves」参加。リリース中。


☞︎HP

https://www.reiko-violin.com/

☞︎ Blog

https://ameblo.jp/violin-reiko416-official/

☞︎YouTube

https://youtube.com/channel/UCYLzw3yTxdee_FD_hFzU48A

☞︎Instagram

https://instagram.com/reiko416?igshid=1o67w7agkzuir

☞︎Twitter

https://twitter.com/reittan416?s=21


関根彰良(g)

☞︎プロフィール

千葉県生まれ。

幼少の頃よりクラシックピアノを始める。

12歳でロックに興味を持ちギターを手にする。

東京大学入学後ジャズに出会い、同大のジャズ研究会に所属しながらプロとしての演奏活動を開始する。文学部美学芸術学専攻卒業。

クラシックギターを井上學、フラメンコギターを山崎まさし各氏に師事。

2009年夏、Anat Cohen(cl, sax)の日本ツアーに参加。

2012年スペインに滞在。フラメンコギターをChano Carrasco, Manuel Parrilla, Ramón Amador各氏に師事。

ジャズを中心としながら様々なスタイルをカバーする希少なギタリスト。

全国各地や海外でのライブ演奏、レコーディング等で幅広く活動中。

これまでに”FUZZ JAZZ”、”SOLITARY PHASE”、”WET & DRY”の3枚のアルバムをリリースしている。

2020年、4枚目のアルバム”Solitary Moments”をリリース。

関根彰良Solo Guitar

Live Time* 1st 18:30〜19:00 2nd19:15〜19:45

MC*¥1,000+投げ銭

関根彰良(g)

☞︎プロフィール

千葉県生まれ。

幼少の頃よりクラシックピアノを始める。

12歳でロックに興味を持ちギターを手にする。

東京大学入学後ジャズに出会い、同大のジャズ研究会に所属しながらプロとしての演奏活動を開始する。文学部美学芸術学専攻卒業。

クラシックギターを井上學、フラメンコギターを山崎まさし各氏に師事。

2009年夏、Anat Cohen(cl, sax)の日本ツアーに参加。

2012年スペインに滞在。フラメンコギターをChano Carrasco, Manuel Parrilla, Ramón Amador各氏に師事。

ジャズを中心としながら様々なスタイルをカバーする希少なギタリスト。

全国各地や海外でのライブ演奏、レコーディング等で幅広く活動中。

これまでに”FUZZ JAZZ”、”SOLITARY PHASE”、”WET & DRY”の3枚のアルバムをリリースしている。

2020年、4枚目のアルバム”Solitary Moments”をリリース。


宮坂俊行& 梅原新

Live Time*19:00〜19:50

MC*¥1,000+投げ銭


宮坂俊行(vo)

☞︎プロフィール

幼少期をアメリカで過ごし、様々な洋楽に触れて育つ。

小さい頃から歌うことが好きで、8歳のときに合唱団に所属。

成年より本格的に活動を始め、音楽活動の他に役者として舞台やTV出演なども経験する。

Popsを北川とみ氏、Jazzボーカルをウィリアムス浩子氏に師事。

確かな歌唱テクニックと叙情的な甘い歌声、甘いマスクでリスナーを魅了している。

2017年 10月18日ファーストアルバム「CLOSE MY EYES」をリリース。

ウィリアムス浩子氏をプロデュースに迎えた作品。好評にて、追加生産が決定。

amazonのJazz、フュージョン総合チャートで4位に入るなど話題を呼ぶ。

現在は拠点を名古屋から東京に移し、全国的に活動を広めている。

2013年老舗劇団シアターウィークエンド40周年記念公演にて、愛知県芸術劇場でゲストとして出演。

2014年より、かねてより念願だったJazzボーカルとしての活動を本格的に始動する。

2015年から2018年Jazzフェスティバル「名古屋Jazz Street」に4年連続出演。

2016年、2017年Nagoya Groovin’ Summerに出演。

2016年10月パナソニック主催のチャリティーコンサートにて、中電ホールに出演。

11月岡崎ジャズストリートに出演。2018年、2019年と再出演を重ねる。

2017年9月新潟県、松之山温泉Jazz Streetにて、大トリを務める。

2017年東海地方のCBCラジオ、Radio NEO、北海道帯広のFM-JAGA、高音質衛星放送Music Birdなどに『Close My Eyes』を取り上げられ出演。

12月FM富山、FM徳島、FM新潟に放送された、小川もこ氏のラジオ番組「MO’ COOL JAZZ」に出演。

Jazz Japan、Jazz Lifeやオーディオ雑誌、月刊StereoやMJ 無線と実験、月刊誌“月間なごや”にインタビューや『Close My Eyes』について掲載される。

2018年1月ドラマー菅原高志と九州を中心に11日間に及ぶツアーを行った。

2018年5月アルバム発売を記念した、ウィリアムス浩子氏との南青山Body&Soulにおける双頭ライブを盛況のうちに終え、9月7日の単独での公演も満席、盛況に終える。

2018年8月吉田栄作Summer Liveにて、Acostic Duoユニット『キメナイト』としてOpening Actを務める。

2018年8月熊本マチナカ音楽祭に菅原高志とのバンドで出演。日野皓正氏、ウィリアムス浩子氏、Shiho氏、SHANTI氏、柴田敏孝氏、井上銘氏(STEREO CHAMP)、DON DE DONと同じステージに立つ。

2018年9月名古屋のミュージシャンが主催するJazz Festival『Jazz CONNECTION in NAGOYA』にてClose My Eyesレコーディングメンバーで今池ガスホールに出演。

2018年11月日本武道館ライブを果たしたバンド、松ヶ下宏之、別所悠二からなる『Bluem of Youth』のコンサートにOpning Actとして出演。

2019年4月自身のユニット『キメナイト』で六本木Alfieに初出演

2019年6月に名古屋市のちくさ座円形劇場にてキメナイト結成一周年記念コンサートを企画。

動員数は250人近くになり当日券が販売中止になるなど、盛況に終える。

次回は11月12日に同ちくさ座にてアルバム発売記念コンサートを企画。

2019年10月25日26日と、『阿佐ヶ谷Jazz Street』にて、阿佐ヶ谷地域区民センターに出演。

2019年12月読売テレビ『ピーチCAFE』年末特別放送にゲストとして出演。

2020年1月12日にメインボーカルとギターを務める、

アコースティックDuoユニット『キメナイト』のFirst Album“Colors of Covers”が発売。

プロデューサーに松ヶ下宏之氏を迎えての作品となる

レコ発ツアーとして、東京、神奈川、北陸、中部、東海、関西、四国、九州などを周る。

2020年現在、新しくInstagramやFacebookでのライブ配信を開始する。

☞︎HP

http://toshiyukimiyasaka.com/?fbclid=IwAR3M4W6hpU2lX0NwbEqUi0_ECNuTKMbzcaw_y4kXIPRDWlJ6sJ6aJhuX5BI

☞︎YouTube

https://youtube.com/channel/UCYrHk7U7RJBcBDK24I54xGg

☞︎Instagram

https://instagram.com/toshimiyasaka?igshid=1f7zw6e1jubsu

☞︎Twitter

https://twitter.com/miyacchi2266?s=21


梅原新(g)

☞︎プロフィール

作曲・編曲・ギター

広島県出身。

大学在学中はジャズ研に所属。

ギタリストとして様々なバンドに参加し、地元のジャズクラブ等に出演。

上京後はジャズセッションライヴ、シンガーのサポート、

ホテルやレストランでの演奏活動のほか、作・編曲家として

楽曲制作を行う。

2008年アオキマミ(vo)とのアコースティックユニットPinacoteca(ピナコティカ)を結成。

2009年12月、ハピネスレコードよりオリジナルアルバムを

リリースする。

2010年、作、編曲したCanonのラジオCM「恋の望遠レンズ」、「恋の広角レンズ」で2010 50th ACC CM Festival ラジオCM部門のベスト音楽賞を受賞。

清水敏郎(sax)、東条奈見子(dance)と共にユニットARKANAを結成し、オリジナルのサウンド&ダンスステージを展開している。

山内一王& 原田上総

Live Time* 

1st 18:30〜19:00 2nd19:30〜20:00

MC*¥1,000+投げ銭

山内一王(vo)

☞︎プロフィール

Jazzや歌謡曲も歌うが、ホントは生粋のブルーズマン!

Bluesを後世に残す為、

日夜Bluesを歌い続ける男。

☞︎Instagram

https://instagram.com/ichioh66?igshid=we4wwm5z3t12


原田上総(g)

☞︎プロフィール

Rock、Bluesなどのバンドやセッションに参加後、上京しJazzのフィールドで活動を開始。

これまでにギタリスト、まつだゆうき氏、井上博氏、橋本信二氏、等に師事。

現在Jazz,Bluesを軸に自身のグループやソロ、他ミュージシャンのサポートでのライブハウス、バーなどへの出演、レコーディングへの参加、インストラクターとして後進の指導と精力的に活動中。

2017年、2019年ギブソンジャズギターコンテストファイナリスト。2020年ソロギターアルバムStars fell on my guitarを自主制作でリリース。

ちほわたなべ & 鈴木敏幸

Live Time* 

1st 18:30〜19:00 2nd19:30〜20:00

MC*¥1,000+投げ銭

ちほわたなべ(vo)

☞︎プロフィール

いつの頃からかミュージカルを演じたいと思うようになり、気がついたら歌や踊りに夢中でしたが、あるとき初めてジャズ演奏を聞きなんと素敵な音楽なんだろう、もう虜になってしまい、ジャズの歌が私の全てになったのは間違いないです!

 最近では、ジャズだけでなくボサノバやポップスなどジャンルを超えて歌いたくなりました。最初に鈴木睦夫先生に師事しまして、最近では伊藤君子先生に師事しております。

 ライブ活動は六本木を中心に横浜方面でも歌ってます!カーメンマクレェ、サラボーン、エラフィッツジェラルドまた他の偉大な歌手を本当に尊敬しております!

これからもよろしくお願いします。

☞︎HP

http://www.chiho-jazz-vocal.com/


鈴木敏幸(g)

☞︎プロフィール

1959年東京生まれ

尚美高等音楽学院(現、尚美学園短期大学)修了後、ジャズ

ギターを武蔵野音楽学院にて宮之上貴昭氏に師事。

数々のライブ活動を続ける中、ジャズドラマーのエルヴィン・

ジョーンズやジャズヴォーカルの中本マリ等とも共演する。

また一方で、ボニージャックスをはじめ数々のっ歌手のバック

バンド等を務める。

現在、横浜、東京等を中心に幅広く音楽活動をする中、自己の

グループにおいてライブハウス等で活躍中。


関根彰良(g)Solo Guitar


関根彰良(g 

☞︎プロフィール  

千葉県生まれ。

幼少の頃よりクラシックピアノを始める。

12歳でロックに興味を持ちギターを手にする。

東京大学入学後ジャズに出会い、同大のジャズ研究会に所属しながらプロとしての演奏活動を開始する。文学部美学芸術学専攻卒業。

クラシックギターを井上學、フラメンコギターを山崎まさし各氏に師事。

2009年夏、Anat Cohen(cl, sax)の日本ツアーに参加。

2012年スペインに滞在。フラメンコギターをChano Carrasco, Manuel Parrilla, Ramón Amador各氏に師事。

ジャズを中心としながら様々なスタイルをカバーする希少なギタリスト。

全国各地や海外でのライブ演奏、レコーディング等で幅広く活動中。

これまでに”FUZZ JAZZ”、”SOLITARY PHASE”、”WET & DRY”の3枚のアルバムをリリースしている。

2020年、4枚目のアルバム”Solitary Moments”をリリース。

ユーミンSongBook] Vol.9 
永野寛子(vo)& 竹内大輔(p)&梅原新(g)

Live Time* 1st 18:30〜19:20 2nd19:40〜20:30

MC*¥1,000+投げ銭

永野寛子(vo)

☞︎プロフィール

東京都出身。西迫毅氏との出会いにより、幼少より好きだった音楽の道に入る。

その後、ジャズに目覚め、ボーカルを沢田靖司氏、ボイストレーニングを岩崎廉氏、桜田ヒロキ氏、理論アドリブをKOTETSU氏、ジャズピアノを遠藤征志氏に師事。

2005年よりライブ活動を開始。2010年埼玉新都心ジャズボーカルコンテストで審査員奨励賞を受賞。2014年7月、ファーストアルバム『Something Blue』をリリース。2015年、遠藤征志、仁田真也と共に、東日本大震災支援プロジェクト『伝えていこう』プロジェクトを立ち上げ、震災支援活動をしている。

☞︎HP

https://hiroconaganoofficial.amebaownd.com/

☞︎YouTube

https://youtube.com/user/roccomainiti365

☞︎Instagram

https://instagram.com/hiroccoroco?igshid=dms5wtyo38fh

☞︎Twitter

https://mobile.twitter.com/hirocorocco


竹内大輔(p)

☞︎プロフィール

​1980年1月29日生まれ  O型

​踊れるジャズバンド TRI4TH(トライフォース)を

中心に、自己リーダーの竹内大輔ピアノトリオ、

そして黒船、Nautilus(〜2020.3.31) 等、

数多くのバンドに参加しているピアニスト、作曲家。

バンドやメンバーに合わせた歌心ある演奏で定評がある。

これまでリリースした作品は多数で、

TRI4TH は半年に1枚のペースでアルバムをリリース。

その殆どが全国のタワーレコードジャズランキングで

週間1位を獲得している。

​また、JAZZ JAPAN AWARD 2016 では

アルバム・オブ・ザ・イヤーのニュースター部門を獲得、

2017年にフランスのヴィエンヌで行われた

Jazz a Vienne、デンマークはコペンハーゲンで

行われた Copenhagen Jazz Festival に出演、

2018年1月より放送が開始された TV アニメ

『博多豚骨ラーメンズ』のエンディングテーマを

担当する等、日本を代表するジャズバンドともなった。

同年11月にメジャーデビュー。

2019年8月には SUMMER SONIC に出演、

2020年2月には Blue Note Tokyo ワンマン公演を

実現させる等、ジャンルを超えた活動は

今後も目が離せない。

日本、世界中を飛び回りたい、

鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

☞︎HP

https://www.pftakeuchi.com/

☞︎YouTube

https://youtube.com/channel/UC3j23_qdkCzVKU3rzrNqNLg

☞︎Instagram

https://instagram.com/pf_takeuchi?igshid=1hpafbyty723z

☞︎Twitter

https://twitter.com/pf_takeuchi?s=21


梅原新(g)

☞︎プロフィール

作曲・編曲・ギター

広島県出身。

大学在学中はジャズ研に所属。

ギタリストとして様々なバンドに参加し、地元のジャズクラブ等に出演。

上京後はジャズセッションライヴ、シンガーのサポート、

ホテルやレストランでの演奏活動のほか、作・編曲家として

楽曲制作を行う。

2008年アオキマミ(vo)とのアコースティックユニットPinacoteca(ピナコティカ)を結成。

2009年12月、ハピネスレコードよりオリジナルアルバムを

リリースする。

2010年、作、編曲したCanonのラジオCM「恋の望遠レンズ」、「恋の広角レンズ」で2010 50th ACC CM Festival ラジオCM部門のベスト音楽賞を受賞。

清水敏郎(sax)、東条奈見子(dance)と共にユニットARKANAを結成し、オリジナルのサウンド&ダンスステージを展開している。